日工の技術雑誌

計測技術 2017年5月号
商品コード:
A1705

計測技術 2017年5月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:水素社会の実現に向けての計測機器・システム
○水素社会実現に向けた経済産業省の取り組み
/経済産業省/山澄 克
水素社会の実現に向けた官民のアクションプランである「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を2016年3月に改訂した。本稿では、最新の技術動向等を踏まえ、新たに設定した数値目標等の改訂内容を中心に、水素利活用の更なる拡大に向けた今後の取り組みを紹介する。

○高圧水素ガスディスペンサー
/(株)タツノ/大滝 勉
本稿では、70MPa超級の自動車燃料用超高圧水素ガス供給を行うディスペンサーとその計量充填技術の概要、及び、普及促進としての国際規格化の取り組みについて解説し、水素STにおけるディスペンサーの構成事例と共に紹介する。

○水素ステーション
/日立オートモティブシステムズメジャメント(株)/高橋 太
本稿では、燃料電池自動車の普及に向けて整備が必要な水素ステーションについて、その機器構成を説明するとともに、水素ディスペンサー及び水素ステーション設備のエンジニアリングを中心とした当社の水素事業への取り組みを紹介する。

○合成ガス製造設備
/東洋エンジニアリング(株)/永淵正敬
水素エネルギー社会に向けて「水素をどのようにして製造するか」は大きなテーマの1つである。本稿では古くから水素のほかアンモニアやメタノールプラントで採用されてきた天然ガスなど炭化水素原料の改質等によって水素、一酸化炭素を主成分とする合成ガスを製造する設備について解説する。

○有機ケミカルハイドライド法による水素の大規模貯蔵輸送技術
/千代田化工建設(株)/岡田佳巳・安井 誠
本稿では、当社が水素エネルギーの大規模貯蔵輸送システムとして技術を確立した“SPERA水素”システムの概要とこの技術を応用した水素ステーション等の技術開発の現状と各分野で予想される水素の利用動向を解説した。

○水素社会に向けた取り組み
/富士電機(株)/清田 透・小川 明・武田修一・伊藤悦郎・河越智之
地球温暖化防止に向けた取り組みの一つ「再エネ導入拡大」とセットで期待される二次エネルギー「水素」。将来、創るところから使うところまで「CO2フリーな水素」を実現させるため、現在産官学で開発・実証が活況である。本稿では、当社の水素社会に向けた取り組みを紹介する。

○高圧水素計測用臨界ノズル
/(国研)産業技術総合研究所/森岡敏博/流量計測研究所フローコル/中尾晨一
FCVの普及及び水素ステーションの整備の進展に伴い、水素ディスペンサーの計量器としての信頼性が強く求められるようになってきた。本稿では、高圧水素用コリオリ流量計の性能評価や校正に用いられる高圧水素計測用臨界ノズルとその適用事例について概説する。

○水素対応超高圧コリオリ流量計
/(株)オーバル/中尾雄一
燃料電池車(FCV)へ高圧水素を充填するディスペンサには精密な充填パターン制御ができるコリオリ質量流量計が用いられている。本稿では水素対応超高圧コリオリ流量計の具現化へのプロセスと技術的な特長を紹介する。

○水素社会におけるチノーの役割
/(株)チノー/栁橋直毅
来る水素社会に向けた当社の取り組みについて、燃料電池(SOFC)可視化に関する評価技術と低濃度から高濃度まで計測が可能な水素センサの特長とラインナップを紹介する。

○高圧水素用圧力計・圧力センサ
/長野計器(株)/小山剛宏・佐藤浩二
当社では、圧力計・圧力センサの供給を10年以上に渡り行っており、高圧水素をより安全・安心に使用するため取り組みを継続している。本稿では、燃料電池自動車や水素ステーション用の圧力計・圧力センサについて紹介する。

○水素ガスセンサとガス警報システム・ガス検知器
/新コスモス電機(株)/鈴木健吾・宮崎 洋・岩見知明
本稿では、現在実用化されている各種水素センサの原理と特長、および水素の早期検知に関する最近の研究成果について紹介する。

■製品と技術
○精密抵抗値計測に使用する“抵抗ブリッジ”の仕様
/メジャーメンツ インターナショナル ジャパン(株)/上山和英・佐藤博之
抵抗ブリッジの仕様では、メーカー間で比誤差の評価方法が異なること、内蔵回路でゲイン補正を施した場合の有効性を保証するための定期校正の必要性、機器のバランス応答時間とデータサンプル時間の組み合わせで決まるデータ収集時間が異なる。

■連載
○ガス流量計測のはなし 第108回
流量計96 ガスメータの基礎(14) ガスや気体の研究の歴史と分子運動による体積変動や拡散速度やガス・気体がもつ性質(2)
/東京メータ(株)/小林 駿
今回の「ガスメータの基礎(14)」では、ガスの性質(2)、ガスや気体の基本的性質である、理想気体をベースにボイル・シャルルの法則や気体の状態方程式について述べる。ガス燈では、倉敷市・倉敷アイビースクエアーのガス燈を紹介する。

○マスフロー千夜一夜物語 第 34回
質量流量計の基礎
/EZ-Japan/黒田 誠
「質量流量計」に分類される熱式流量センサーを搭載した流量測定&制御機器(マスフローメータ、マスフローコントローラ)の派生製品としての圧力制御を目的として誕生したAutomatic Pressure Controller(APC)の解説と、圧力変動影響緩和の為に圧力センサーを取り込み進化するMFCの未来像と絡めて解説する。

■コラム
○技術者育成雑感〔115〕
/K. H

○第11回 意図を洞察するセンサ
/山崎弘郎

■製品ガイド
○湿度・露点計

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP