日工の技術雑誌

計測技術 2017年1月号
商品コード:
A1701

計測技術 2017年1月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:IoT時代のヘルスケア対応計測センサ
○ウェアラブルセンサで社員の安心安全を実現
/NTTコミュニケーションズ㈱/村本健一・高橋宏成・小島圭子
IoTの普及に伴い生体情報のセンシングについて関心が高まっている。今回は生体情報を安定的に連続して取得できるウェアラブル生体センサhitoe Rのセンシング技術と建設、空港、運輸、医療それぞれの分野におけるクラウド活用事例を紹介する。

○IoTを用いた健康管理/オムロンヘルスケア㈱/澤野井幸哉
IoTを用いた健康管理、その中でも特に血圧管理について、オムロンヘルスケアのシステムを紹介するとともに、IoTを用いた血圧管理の事例と課題を明らかにし、今後の発展について述べる。

○IoT時代のヘルスケアビジネスに必須のセンサ計測
/日本ナショナルインスツルメンツ㈱/岡田一成
IoT化によりセンサ計測が重要視されているが、そのデータの95%は活用されずに眠っている。その原因は計測時と、計測後のエッジコンピューティングにある。この課題へのアプローチ方法に関してわかりやすく解説する。

○ウェアラブル機器向け光学式脈波センサ/ローム㈱/相良武志
ウェアラブル機器向け光学式脈波センサでは、長時間駆動、屋外での安定したセンシングの要望から、低消費電力で赤外線除去特性に優れた脈波センサが求められている。これらの要望に応える目的で開発した光学式脈波センサBH1790GLCを紹介する。

■製品と技術
○EtherCAT P
/EtherCAT Technology Group 日本オフィス/小幡正規
EtherCAT Pは通信と電源ケーブルを1本のケーブルで実現できる省配線技術である。本稿ではドラフト版仕様書をベースに速報としてEtherCAT Pの仕様化の状況とその技術の概要を紹介する。

○吸収分光式露点水分計TDLAS T-1シリーズ
/神栄テクノロジー㈱/本田真一・板橋健一・川北英明・平田彰彦
水分計測における市場ニーズの高度化に対応するため、吸収分光式方式を原理とする露点水分計「TDLAS T-1」シリーズを発売した。既存計測器に比べ、高速な応答速度、優れた耐薬品性、幅広い計測レンジ、メンテナビリティの高さを特長とするものである。TDLAS T-1について紹介する。

■連載
○ガス流量計測のはなし 第105回
流量計93 ガスメータの基礎(11)/東京メータ㈱ 小林 駿
今回の「ガスメータの基礎(11)」では、都市ガス以外の特殊ガスの性質とそれを量るガスメータの適合材質について述べる。ガス燈では、松江市の総合文化センター前のガス燈を紹介する。

○マスフロー千夜一夜物語 第30回
質量流量計の基礎/EZ-Japan/黒田 誠
流体を計測する重要なツール流量計。その中でも馴染みの薄い「質量流量計」に分類される熱式流量計(マスフローメータ、マスフローコントローラ)やコリオリ式流量計等にフォーカスを当て、その原理、構成から運用方法までの基礎知識の解説を行う。

○食品のトレーサビリティ 第15回
情報の非対称化/食品トレーサビリティシステム標準化推進協議会/大野耕太郎
情報の非対称化に見る不利益とリスクは食品産業に蔓延る偽和・偽装による利益の水増しと相似形である。農業分野に成長を押しつける政策に違和感がある。AIによる高精度な食品トレーサビリティシステムが食品産業でインフラ化され、事業者と消費者で情報を対称化されたとしても、最終判断は人間がするものだ。

○AE(アコースティック・エミッション)の基礎 第4回
放電信号とAE信号1/八戸工業大学/武藤一夫
本稿はAE(アコースティック・エミッション)の基礎、第4回目である。筆者が開発した広帯域型AEセンサの加工環境(機械-工作物-AEセンサ系)などにおけるAEの伝播特性、放電現象を利用して金属等を加工する放電の加工現象とAE信号の関係について今回と次回で紹介する。

■コラム
○第7回 時間的な密度向上 安全性と両立できるか/山崎弘郎
○技術者育成雑感〔111〕/K. H

■製品ガイド
○レベル計

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP