日工の技術雑誌

住まいとでんき 2014年08月号 PDF版
商品コード:
D1408

住まいとでんき 2014年08月号 PDF版

販売価格/
1,490 円(税込)
通常価格/
1,490 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:住まいを開く
○心を開いて、住まいを開く
/住生活ジャーナリスト・コンサルタント/藤井 繁子
人が生きるという事は、その人が人生で経験し学んだ知恵を後世に伝えることで意味を成すものかも知れない。安易な「住まいを開く」には疑問があるが、「開く」ことで身近な人と気軽に接する機会をつくり、自分が経験した事や好きな事を人に伝えることができる。

○世界が広がる」居住スタイルソーシャルアパートメント
/グローバルエージェンツ/永砂 智史
全く新しい21世紀型コンセプトマンション「ソーシャルアパートメント」について紹介する。ソーシャルアパートメントはマンション内にラウンジやキッチン等の共有スペースを設け、住人同士の自発的な交流が生まれる住居形態、まさにSNSのリアル版とも言えるマンションである。

○開かれた生活環境を目指して/仲建築設計スタジオ/仲 俊治
人や外部に開放的な生活環境をつくりたい。そのためにプログラムアプローチと環境アプローチを用いて設計をおこなっている。その実践例を紹介するとともに今後の課題を述べる。

○人が集まる家づくり/アキ設計/池上 裕子
少子高齢化時代に必要なシニアの住まいは社会に開かれた家である。幸せな家とは心身ともに安心して暮らせる生活の場であり、家族と向き合い他人と交流できること。自宅にサロン(社交場)を作って「自分の好き」を大切に暮らすホームサロンのある家の事例と設計ポイントを紹介する。

○キッチンから始まる素敵なLDKリフォーム/パナホーム/水口 努
リフォームでオープンキッチンを採用するとき、顧客の暮らしに合ったLDK空間を実現ことが重要です。ここでは、お客様が言葉に出来なかった思いをくみ取り、オープンキッチンとダイニングやリビングとの繋がりを実現した4つの事例を紹介する。

○cafe+(カフェ・プラス)/三井ホーム 
三井ホームの注文住宅cafe + (カフェ・プラス)は、友人を招いたり、家族が集える小さな空間をカフェ」と呼称し、住まいにプラスすることができる。子育て世代のニーズに対応した基本プランに、小さなこだわりの空間「カフェ」をお客様のライフスタイルにあわせてプラス提案することで、高いデザイン力や多様なニーズへの対応力を訴求している。

■プロダクトナビ
○〜第16回 電力負荷平準化機器・システム表彰〜
「コロナ エコキュート」が6年連続の受賞/コロナ

■トピックス
○低炭素社会モデル地区 とよたEcofulTown/豊田市役所/市村 理沙
とよたエコフルタウンは豊田市の次世代の低炭素な暮らしに向けた取り組みを一体的に取りまとめ、体験を通じて訴求・波及を図る施設である。その概要を紹介する。

○暮らしの電気を、あなたらしく でんき家計簿/東京電力
東京電力は、お客さまの過去2年分の電気料金のご確認および実績管理ができ、料金メニューの試算や省エネ・節約などのアドバイスを行う無料のインターネットサービス「でんき家計簿」を提供している。その概要を紹介する。

○Club KatEne/Club BizEne 中部電力WEBサービスのご紹介/中部電力
中部電力は、これまでWE Bサービスとして提供してきた「電気料金照会サービス」を大幅リニューアルし、ご家庭のお客さま向け会員サービス「Club KatEne」(クラブ カテエネ)、ビジネスのお客さま向けサービス「Club BizEne」(クラブ ビジエネ)の2つのサービスをスタートした。その概要を紹介する。

○省エネ・節約に役立つ『はぴeみる電』/関西電力
関西電力のインターネットによる電気使用量の見える化サービス「はぴeみる電」。電気の使用量や料金がWebで簡単に確認でき、省エネ・節約に役立つさまざまな情報を得ることができる。主な特長を紹介する。

○「mineo(マイネオ)」サービス開始!!
〜「必要なものを、必要なだけ」格安スマホの決定版〜
/ケイ・オプティコム 冨田 和俊
今年は「格安スマホ元年」と言われている中、現在スマホをお使いのお客様の利便性を損なうことなく「高速LTEのデータ通信」「音声通話」「スマホ端末」が低価格でそろうケイ・オプティコムの「mineo(マイネオ)」が月より全国で提供開始。発売からわずか1週間あまりで申込1万件を突破するなど、大変好評を博している。

■電化マンション紹介
○ヴィンテージヒルズ目黒/ヴィンテージファイブ
既存の住宅を活用し、機能・性能・価値を向上させ、誰もが住みたいと思う場所で、ゆとりある広さの住まいを、リノベーションで無理なく実現する。そんなスタイルで住まいを提供しているヴィンテージファイブ。今回紹介する「ヴィンテージヒルズ目黒」は同社のコンセプトを体現したオール電化リノベーション物件である。

○大磯シーサイドヒルズ/サンウッド
太平洋を見晴らす海目前の高台に建つ「大磯シーサイドヒルズ」。万葉の昔から多くの歌人に詠われてきた歴史ある景勝地、大磯のライフスタイルを満喫できるオール電化分譲マンションを紹介する。

■連載
○にっぽん・生活家電のはじまり-明治〜昭和30年代の家電- 第37回
電気洗濯機(その1)/生活家電研究家/大西 正幸
家庭の中で、最も骨の折れる仕事が洗濯機である。1922(大正11)年頃から輸入され、1930(昭和5)年には国内でも芝浦製作所が、撹拌式洗濯機ソーラー(Solar)A型の製作を開始した。1940(昭和15)年頃から戦争への準備で生産も止まり、戦前の普及台数はわずか5,000台程度であった。

○述懐云捨・書捨 老いの気骨と呟き 第8回/川上 正夫
高齢者が、息子や娘に懇願されたり、説得されて同居生活が始められるのだが、所詮(しょせん)は郷里への思いを断ち切れるものではなく、馴れぬ都会の生活や環境には、戸惑いや余生への生き様に不安さえも感じるようになるのです。時には、不遇な生活環境から家の中で違和感を感じることで、自分の居場所を失うのです。それが[家庭内難民]です。

○子育て真っ最中!団塊Jr.の住まい考 94
ありのままの自分/藤原 千秋
今年話題のアニメーション映画を、7歳の次女と一緒に観に出かけた筆者。そこで謳われていた「ありのままの自分になる」というメッセージを、熱烈に受け止めている子どもの姿に、赤ちゃん時代から「ありのままの自分のまま」では決して育ち得ない、現代の子どもたちの現実を再認識、衝撃を受けた小文。

○にっこり・びっくり・たっぷりアジア 第21回
「スモーキング ルーム コレクション1」
/昭和女子大学 国際文化研究所/内海 佐和子
喫煙に寛容だったベトナムですが、ハノイのノイバイ国際空港が新しくなった際、喫煙所が設けられました。それは空間を有効活用した優れもの。それ以降、空港の煙所が気になる。その結果、「タバコを吸わないのに行く先々の空港の喫煙所をわざわざ見に行く」という趣味ができてしまったのです。

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP