日工の技術雑誌

自動認識 2012年8月号 PDF版
商品コード:
Ba1208

自動認識 2012年8月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:物流システムでの活用例
○国際物流でのRFIDの利用/東芝ロジスティクス/鈴木 博之
いまや国際物流の主役のひとつである「海上コンテナ」。このコンテナをめぐるサプライチェーンやセキュリティにかかわる課題を解決するツールのひとつとして、RFIDが注目されている。ただし、商品につけるラベル形式のタグと違い、その用途に応じていくつかのRFIDがある。今回は、コンテナをめぐるRFIDの目的や種類を解説して、最近のコンテナRFIDをめぐる事例とともに紹介する。

○ネットショップ物流の特長/ロジザード/遠藤 八郎
ネットショップは今も年率10%の成長を続けている。その特長と、支える物流で利用されるITツールとバーコードについて紹介する。ネットショップ物流で500社以上のLOGIZARD実績から多数のネットショップ荷主を一元管理し、情報共有する3PL向け新サービスも紹介する。

○物流・運輸・製造・流通システムで求められるタフネスを実現した
ハンディターミナルと活用事例/カシオ計算機/勝村 典嘉・藤本 正樹
物流・運輸・製造・流通に向けた、よりタフな環境で使えるハンディターミナルと、その活用事例としてスマートタグとの組み合わせによる物流ソリューションを紹介する。

○物流倉庫で有効なハンディターミナル活用方法
/インフォメーション・プロセシング・リサーチ/加納 幸博
物流倉庫の効率化としてWMSの導入によるIT化がある。従来型クライアントサーバー方式からコストダウンを図るためインターネットを介したSaaS版のWMSとそれに伴う効率化に最も欠かせない入力機器のHTの要件を示しその留意点について解説する。

■特集:リライタブルシステムの現状
○リライタブルシステム普及に向けて/インターフェイスラボ/井手 由紀雄
リライタブルハイブリッドメディア(RHM)が、製造業を中心とした様々な産業分野で運用され始めている。日本自動認識システム協会(JAISA)では、“RHM普及促進委員会”を結成し、2011年度は“RHM活用ガイドブック”の発行を目的に活動してきた。本稿では、その概要を紹介する。

○「サーモリライト」高感度タイプの開発/三菱製紙/久松 直貴・染谷 実紀子
産業・業務用途における帳票、タグ、指示書などの大量/高速発行のニーズに対応したロイコ型リライト材料として、一般感熱紙並みの感度、速度を実現した「サーモリライト高感度タイプ」を、仕入指示書(UHFタグ)への導入事例とともに紹介する。

○リライタブルプリンタの活用/東芝テック/大澤 秀次
今回取り上げる、B-SX8Rシリーズは、ecoサイクルを最大限活用したリライトプリンターであり、RFIDとリライタブルシートの特長である「繰り返し書き換えが可能」という点を融合させ連携活用することができるため、今後、様々な場面で活用されると考えている。

○リライトプリンタ活用による業務改善事例/エイピーリファイン/岩井 克彰
当社製リライトプリンタをはじめとしたH/W並びに自社ITツールを活用した自社生産物流業務の改善事例の紹介。作業現場にて帳票上のシンボル(バーコード・QRコード・RFID)を読み取る事により実績を収集し、その実績情報をクラウドコンピュータ(SalesForce.com)にアップロードし、ダッシュボード機能で分析する事により業務改善に繋げる。

○メモリー機能のあるディスプレイ/千葉大学/鈴木 明
紙の様に薄く、文字や画像が表示できる電子ペーパーが実用化され、電子ペーパー市場も多分野に拡大されている。さらに確固たる地位を築くためには、反射型で見やすい、低消費電力の利点を生かし、三課題、(1)高画質カラー化、(2)フレキシブル化、(3)低コスト化を改良していく事が重要となろう。本稿ではその最新技術動向を解説していく。

○ディスプレイ機能付きICカードの展開/大日本印刷/男澤 英敏
様々な分野で普及が進んでいるICカードであるが、更なる付加価値、利便性向上を目的にディスプレイ機能付きICカードの開発を行っている。本稿ではICカードに記録された情報をリアルタイムにカード券面に表示可能な新しいカードへの取り組みを紹介する。

■プロダクトA
○中小規模向け入退室管理システム/アズビル/安田 直明
■連載
○中国における物聯網(IOT)の展開 第4回
山東省IOT産業発展計画概要(2011〜2015)/RFIDアライアンス/小林 正
○エンジニアのための情報セキュリティ入門 第14回
 フォレンジック/日立製作所/甲斐 賢

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP