日工の技術雑誌

機械と工具 2011年4・5月合併号 PDF版
商品コード:
I1104-5

機械と工具 2011年4・5月合併号 PDF版

販売価格/
1,500 円(税込)
通常価格/
1,500 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
1957年以来、50年以上にわたって日本の生産加工技術者の方々に支持されてきました「機械と工具」は、2010年9月号を最後に休刊しておりました。しかし、多くの読者、執筆者、関係者の熱意によって、新たに当社よりリニューアル創刊いたしました。
今、日本の“ものづくり”は大変厳しい状況に直面しています。これまでの日本の考え方である“良いものであれば売れる”ことが通用しにくくなっているからとも言われています。しかし、急速なグローバル化、新興国の台頭は、日本に不利とばかりは言えません。“ものづくり”に対するニーズの急速な変化は、その変化に対応できる優れた“ものづくり”を求めます。中国をはじめとした巨大市場を目の前にして日本の“ものづくり”は、大きなビジネスチャンスに直面しているとも言えます。
「機械と工具」は、日本で“ものづくり”に携わる方々に、今どのように考えるべきか、求められている技術・次につながる技術は何か、将来どのように展開するのかなど、技術者にとって必要な情報、有益な情報を提供して行きます。


新しく生まれ変わった『生産加工技術を支える「機械と工具」』にご期待いただき、是非ご購読ください。

2011年4・5月合併号よりリニューアル創刊、以降6月号より毎月刊となります。
◆「機械と工具」リニューアル創刊のご挨拶/日本工業出版/代表取締役 小林大作・編集長 小山宏
○「機械と工具」リニューアル創刊にむけて
 精密工学会 会長 森脇俊道/砥粒加工学会 会長 奥山繁樹/日本工作機械工業会 会長 中村健一/日本工作機械輸入協会 会長 千葉雄三/超硬工具協会 理事長 倉阪克秀/工具工業会 理事長 石川則男
○「機械と工具」と「切削フォーラム21」 / 切削フォーラム21/会長 高井 作
■特集1:近未来の生産加工技術を展望する
○我が国の工作機械産業の更なる発展へ向けて/東京工業大学/伊東 誼
○5年後の切削工具に求められること/松岡技術研究所/松岡甫篁
○これからのCAD/CAM /慶応義塾大学/青山英樹
○計測に求められる機能と対応技術/元・機械技術振興協会/上野 滋
■特集2:加工現場におけるムダの削減<切削油技術研究会報告>
○段取り時間の短縮/牧野フライス製作所/坂西俊輔
○バリにかかわるムダの排除/トヨタ自動車/佐藤正秋
○切削現象の可視化?振動の抑制?/森精機製作所/佐藤康児
■特集3:近未来の生産加工技術を展望する
○自動車部品加工に適した横型マシニングセンタ/オークマ/中島 均
○レーザによる自動車部品の3次元高速切断/トルンプ/中村 強
○自動車部品高能率加工用切削工具の提案/サンドビック/河田洋一
■技術解説
○5軸制御マシニングセンタの工作精度評価技術-四角すい台の仕上げ加工-/東京農工大学/堤 正臣・木落清志郎/日本ファインテック/佐伯智之
○産業用ロボット活用による作業環境改善/NTN/松下茂樹・名倉元治
○i Machining?超高能率高速加工の戦略/ソリッドキャム/太田典生
■新技術
○レーザ加工によるシボ加工のデジタル化/アジエ・シャルミー・ジャパン/吉瀬雄也
■注目技術
○あらゆる製品の高速自動鏡面加工のためのポリシング技術/長岡技術科学大学/田辺郁男
○精密な加工と高い生産性を両立させる新しいソフトウェア/シーメンス・ジャパン/トーマス メンツエル・伊藤 治
■インタビュー
○「ツールクリニック」が“信頼”を築く サンドビック 藤井裕幸氏にきく
■エッセイ
○万年筆「長者の万灯よりも」/作家 小関智弘 83
■レポート
○世界の工作機械「生産」と「消費」/ガードナーレポートより
■連載
○海外技術動向「医療用機器のための計測工学の重要性」/Bruce Morey(翻訳協力:上智大学SLO)
○CAD/CAMは経営のツール?4/コダマコーポレーション/小玉博幸
○加工の現場から「株式会社 ワタナベ」/滝沢 満
○テクニカルエッセイ「研究とひらめき 1」 日本工業大学/鈴木 清
○生産加工技術Q&A/横山哲男

※尚、当社では従来誌の基本的なコンセプト、編集方針は受け継ぎますが、従来誌を発行していた出版社とは一切関係ございません。また購読料の移管も受けておりませんのでご了承ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP