日工の技術雑誌

建築設備と配管工事 2009年2月号 PDF版
商品コード:

建築設備と配管工事 2009年2月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:ターボ冷凍機
○現代のターボ冷凍機とその歴史/三菱地所設計/田中良彦

 近年、ターボ冷凍機の出荷台数が急増している。この背景には、メーカーの努力によるエネルギー効率の大きな向上が挙げられる。この高効率冷凍機を冷水ポンプ、冷却水ポンプ、冷却塔を加えたシステムとして、活用するための知見を解説する。


○高効率空調機の最新動向と更なる普及に向けて/東京電力/山本敏行

 ターボ冷凍機はより一層高効率化となり、温室効果ガス削減に大きな効果を持つと注目されている。本稿では、高効率なターボ冷凍機の普及に向けた国政策や電力会社、メーカーの主力機種の紹介をさせていただく。


○HFC245fa超高効率ターボ冷凍機/荏原冷熱システム/増本幹夫・山口忠司

 荏原冷熱システム(株)はNEAD殿と共同で次世代ターボ冷凍機の開発に着手し、製品化の目途をたてた。この冷凍機は定格値でのCOP=7.0という高効率にのみならず、実運転領域においても高効率運転を可能とするためインバータ制御を標準としている。


○高効率二段ターボ冷凍機/ダイキンアプライドシステムズ/西森正幸

 CO2排出削減等の環境問題への意識の高まりから環境対応、省エネ性が求められている。特に環境意識の高い工場用途ではターボ冷凍機の採用が多い。このたび高効率二段ターボ圧縮機を開発、その他独自の省エネ技術を搭載した、高効率二段ターボ冷凍機を新開発したので紹介する。


○ターボ冷凍機の最新技術紹介/トレイン・ジャパン/北島 進

 世界最高効率のターボ冷凍機として世界中のお客様に評価されている「トレイン・セントラバック・ターボ冷凍機」。更なる技術革新による地球環境保護への最大の貢献を目指し、当社が続けるあくなきチャレンジの一部を紹介する。


○最新型ターボ冷凍機の紹介/日立アプライアンス/田谷賢二

 CO2削減による地球環境保全対策の推進上の重要なテーマであるターボ冷凍機活用による省エネ化について、高効率ターボ冷凍機HC-F-GX型シリーズを例に年間エネルギー消費量の削減に向けた最新技術事例を紹介する。


○さまざまな用途のエネルギー消費を最小化する最新ターボ冷凍機技術/三菱重工業/上田憲治

 最新のターボ冷凍機は、定格点に加え冷却水の低温域や部分負荷域の性能向上を実現しており、熱源システムの大幅な消費エネルギーの低減、CO2排出量削減を可能としている。インバータターボ冷凍機を中心にその特性と省エネ効果を示す。


○アマダ実証加工プラザ熱源改修工事/新菱冷熱工業/田上賢一

 2008年はCOP3京都議定書の約束期間初年度を迎え、環境負荷低減に関する話題が毎日のように賑わしている。ここでは老朽化し効率の悪い運転を継続する熱源システムに対し、効率のよい熱源機器による高効率熱源システムを構築した改修事例を紹介する。


○ターボ冷凍機の事例/三機工業/池田利幸

 部分負荷運転時に最も高効率となるインバータターボの導入が最近急速に増加して来ている。そこで既に2年前にインバータターボを導入し、実際に運転している事例において、インバータターボ冷凍機本体及び補機を含めたシステムの運転実績について中間期を中心に紹介する。


○有楽町センタービルのターボ冷凍機/高砂熱学工業/大和瀬靖司

 有楽町センタービルに設置した各種(ブライン、高効率、熱回収)ターボ冷凍機の運転状態の紹介。竣工後に実施した各種設定値の修正結果を踏まえ、今年夏の冷房運転を主体に機器COPの冷水出口温度、冷却水温度、負荷率との関係を紹介する。



■最新技術情報
○空調換気用 段ボール製ダクト/栗本鐵工所/山崎 章/大成建設/生天目泰/レンゴー/川上 仁
○高効率モジュール型チラーのシリーズ拡充/東芝キヤリア/室井邦雄
○超高層ビル避難計画立案シュミレーションシステム/森ビル/添川光雄
○免震装置用耐火被覆/日本インシュレーション/堀 正人

■解説
○ナノ流体の円管内乱流熱流動特性/熊本大学/鳥居修一

 流体に水、ナノ粒子にダイヤモンド、Al2O3、CuOを用いたナノ流体の粘度、圧力損失および乱流域における伝熱性能を実験的検討した。その結果、空調設備に作動媒体とした場合、熱効率の向上が充分期待できる。


○データセンターの現状と課題/NECフィールディング/田中弘嗣

 データセンター(DC)のグリーン対応における現状と課題およびIT機器の高密度化にともなうDC運用効率化の対応をファシリティ面より紹介する。


〔竣工事例〕
○有楽町イトシア/三菱地所設計/高瀬知章・小林伸和・近藤誠之

 有楽町イトシアは、2007年10月にグランドオープンした商業施設とオフィスの複合用途からなる超高層ビルである。本報では、空調衛生設備の概要ならびに環境計画について紹介する。


○NST新潟総合テレビ新社屋/清水建設/荒井義人

 「次世代を担う地域に根ざした放送局」、「開かれた放送局」をコンセプトとし、放送施設としての基本性能の確保と災害時等の緊急時対応・バックアップ体制の充実、また省エネルギー・省資源を図った、新潟総合テレビ新社屋を紹介する。



■連載
○シリーズ:建築設備に関する水の基礎知識 10
 微生物による経口水系感染症/森村設計/前島 健
○シリーズ:建築設備に関する熱の基礎知識 2
 熱と仕事/新日本空調/阿部 洋

■Le petit pouce:ペットと暮らす
○ファースト犬/畑建築デザイン/畑由起子

■市場動向
○素材価格動向

■News&Products

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP