日工の技術雑誌

住まいと電化 2008年11月号 PDF版
商品コード:
08d11

住まいと電化 2008年11月号 PDF版

販売価格/
1,400 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:もっと知りたい!オール電化
○環境配慮時代とオール電化/東京大学/坂本雄三

 CO2削減に向け住宅の省エネは実現しなければならない大きな課題である。その現実的な解決方法のひとつが、高断熱プラス高効率のヒートポンプ機器を使用することであると提唱する東京大学大学院 坂本教授に今後の住宅の省エネ対策・省エネ法改正の動向、そしてオール電化に期待できることなどを語っていただいた。


○注文住宅購入者ニーズにみるオール電化住宅/リクルート/志村和明

 オール電化の普及は、注文住宅では2007年は66%のシェアを獲得するまでになったが、 構造的に頭打ちになったものと考えられる。今後は、空間の拡大や土俵の再設定、および大きな世界観の提示など、オール電化の新価値を創出する必要があろう。


○ユーザー調査から見るオール電化採用までのユーザー動向と採用後の満足度/中部電力/玖村一雄

 近年大幅な普及を見せているオール電化住宅。ユーザーはオール電化に対してどのような感想を持っているのか。中部電力エリアで行ったオール電化採用までの経緯とクッキングヒーターや電気給湯機などのオール電化機器に対する満足度調査の結果を紹介
する。


○Life with Art 「N.4TOWER」/大京/密山英雄

 歴史や芸術に囲まれ、この10月には京阪中之島線が開通するなど、発展著しい中之島。
その希少性の高い中之島に34建てオール電化超高層タワーマンション「N4. TOWER」が登場する。ホテルライクな生活を約束する都心一等地の住み心地を紹介する。


○オール電化のくらしを体験できる「宿泊体験モデルハウス」を展開/パナホーム/寺谷信弥

 パナホームでは現在、宿泊体験ができるオール電化住宅のモデルハウスを全国で展開中です。2006年、東京電力とのコラボレーションで実現した第一号モデル「Switch!Hpuse 世田谷」の運営状況を中心に、新しい住まいづくり拠点への取り組みをご紹介します。


○200年住宅とオール電化/電気事業連合会

 住まいの長寿命化には、「住まいの基本性能の向上」、「ライフスタイルにあわせた使いやすさ」「住み続けることで資産価値が高まる仕組み」作りが必要です。本稿では、200年住宅の実現に向け、“電気”を上手に活用する未来の生活等をご紹介します。


○TEPCO快適住宅コンテストにみるオール電化住宅/東京電力/森村和三

 東京電力が主催する『TEPCO快適住宅コンテスト』で入選した作品を題材に、建築家の考える「人にも環境にも優しい快適住宅」を考慮します。


○至上の住み心地を実現する一条「夢の家」/一条工務店

 住宅業界初の省エネ賞3冠を達成した「夢の家」。家族の健康と安全を守る性能をコンセプトに長年本物の住まいを追求してきた集大成の高性能住宅である。その具体的な特長や利点、そしてこれからの展望を紹介する。


○スウェーデンハウス受賞商品の紹介/スウェーデンハウス/織田 茂

 スウェーデンハウスでは、1984年の創業当時より、次世代省エネ基準を超える住宅を同一スペックで提供してきた。省エネの基本は断熱・気密であり、これに高効率設備を組み合わせ、更に住まい手の省エネに対する意識が加わることにより真の省エネが実現される。この様に考えのもとに商品造りと調査を行ってきたことが本受賞に生かされ光栄である。


○加齢に伴う身体機能の衰えをサポートするIHクッキングヒータ/東京電力/濱中香也子

 加齢に伴い身体機能が衰えた高齢者に調理を楽しんで頂く為の課題を抽出する為に、高齢者を軽度な障がい者と捉え、障がい者を対象としたIHクッキングヒータのユーザビリティ評価を実施。その結果から高齢者の調理をサポートするIHの提案ポイントをまとめた。


○「食卓」&「コンロ・調理家電・鍋」から見るキッチンのエネルギー事情(前編)/東京電力/酒井涼子

 調理エネルギーを左右する調理家電や鍋、メニュー、作り方などの変動要素や調理意識など、さまざまな変動要素を把握するためアンケート調査を行った。また実住宅(20件)でIHと調理家電の電力量を1ヶ月間計測し、家庭の調理エネルギーについて包括的に報告する。


○実住宅におけるIH用循環型空気清浄システムの性能評価/大同工業大学/光田 恵

 IHクッキングヒーター用に開発されたレンジフードや排気ダクトを用いず、調理時に発生した汚染物質を清浄化させるシステムの実住宅における臭気除去性能を調査した。 その結果、本システムはレンジフードを用いた住宅と同程度の臭気の除去性能を持つことが明らかとなった。


○ミラノサローネにみるリビングキッチンのトレンドとイタリアのくらし/東京電力/奥田高子

 今年で47回目を迎えた世界最大の見本市ミラノサローネ。今年の目玉であるユーロ・クッチーナでの大きなトレンドは、キッチンのリビング化。イタリアの実住宅でのトレンドの取り入れ方やその背景にあるイタリアの人々のくらし方やこだわりをレポートする。


○エコキュートの年間給湯効率算出方法/日本冷凍空調工業会/榎津 豊

 (社)日本冷凍空調工業会は、エコキュートの効率評価方法として、従来のエネルギー 消費効率(COP)に対し、より実使用状態に近い年間給湯効率(APF)を検討・確立し、 2008年4月よりカタログ表示を実施したので、その概要を報告する。


○快適性と省エネの両立を目指して/パナソニック/佐々木映

 エアコンの総需要が安定化してきている中で、エアコン暖房への期待が高まりを見せている。その背景と最新の暖房技術の内容を当社の事例をもとに紹介する。


○同一敷地に立つ2軒の住宅の温熱環境と光熱費/東京電力/草刈和俊

 住宅における温熱環境と光熱費は、立地・住宅性能・冷暖房機器・機器の使い方・ライフスタイル等、様々な条件によって変化する。本稿では、東京都内の同一敷地に建つ2軒の住宅の1年間の実績をもとに、温熱環境と光熱費について考察する。


○寒冷地でもヒートポンプ暖房/イーテック/紺野 透

 今、寒冷地でも空気熱型ヒートポンプを熱源とする温水暖房が増えつつある。一つ上の快適性、二つの機能(暖冷房)、三つの将来性(環境、低光熱費、融雪システム)を実現するヒートポンプ温水暖房について、事例を元に紹介する。


○オール電化Q&A

 オール電化住宅ってなに?クッキングヒーターでおいしい料理はできるの?操作は簡単?エコキュートってどんな仕組みになっていて、どんな設定にすればオトクなの?などなどオール電化にかかわる率直な疑問にお答えします。


○月光町アパートメント「いろいろなものがつながる暮らし」の提案/東京電力/川野 啓

 東京電力・トヨタ自動車・パナソニックグループが共に考え、提案する「人・社会・環境にやさしいライフスタイル」を実践できる場として、東京電力が東京都目黒区に建設したライフスタイル提案型オール電化賃貸共同住宅「月光町アパートメント」ついて紹介する。


○蓄熱式電気暖房器設置住宅の温熱環境/東京電力/福田秀朗

 高気密・高断熱住宅における蓄暖の暖房性能を確認するため、栃木県内の2地点で平成19年度に行った実測調査について紹介する。蓄暖は暖房ニーズに合わせて適切な容量を選定することで、個別暖房、全館暖房などが快適かつ経済的に実現できることが分かった。



■オール電化住宅最前線08' 全国電力会社紹介
○環境にやさしいオール電化の普及に向けて 真に電化の快適性を実感していただきたい/北海道電力/登坂浩道
○「ヒートポンプ暖房文化の創設」を目指して 「環境配慮型オール電化住宅」を届けたい/東北電力/長岡義幸
○ランニングコストの安さに加えて、環境によいオール電化を一人でも多くの方に届けたい/東京電力/花尾美智子・羽田野由起
○快適に暮らしてエコ 電気の暮らしの新しい側面を伝えていきたい/中部電力/清水隆一
○省エネ・省CO2・経済性のニーズに応える安全・便利・クリーンで経済的なオール電化を普及させたい/北陸電力/時国不二夫
○給湯器を替えるときがエコのチャンス!エコキュートのよさを一人でも多くの人に伝えたい/関西電力/葉里経夫
○オール電化集合賃貸住宅の普及に向けて住まい手、オーナーさまにそのメリットを伝えたい/中国電力/近藤利久
○多様な提案活動でオール電化の良さを分かりやすく伝えていきたい/四国電力/石村慎作
○ムリなくムダなく電気を上手に使って「省エネ快適ライフ」を合言葉に「エコキュート」の普及拡大を目指す/九州電力/広田弘一
○着実に浸透してきているオール電化の魅力 オール電化の経済性・安全性・環境性を広くアピールしたい/沖縄電力/國吉克彦
○充実!全国オール電化優遇金融商品一覧

■Topics
○オブジェのようなIHクッカー Electrolux e-dish/黒田秀雄キッチンシステム研究所/黒田秀雄

 そのデザインの斬新さで注目を得ているエレクトロラックスのIHクッカーE-DISH。いよいよ日本市場で発売される同商品を、エレクトロラックス・ジャパンのテストキッチンを訪問して使用してみた。実際の使い勝手を報告する。



■Product Navi
○東芝自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯機「エコキュート フルオート」発売/東芝機器
○ダブルオールメタル対応・3口IHクッキングヒーター「サイレント ケムレス」シリーズを発売/日立アプライアンス

■Abstracts

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP