日工の技術雑誌

自動認識 2008年1月号 PDF版
商品コード:

自動認識 2008年1月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集1:2007年自動認識システム大賞 受賞システムプレゼンテーション
○<大賞>温度・位置センサー内蔵アクティブ型ICタグ「Trail Catch」/大日本印刷/松林賢悟

第9回自動認識システム大賞「大賞」を受賞した、「トレイルキャッチ」システムの各種機能などの概要、および同製品の今後の展開について解説する。

○<優秀賞>UHF帯RFタグを利用した車輌入構管理システム/ニッテツ八幡エンジニアリング/土田秀明・古本邦彦/シーデックス/鹿野光義・松元 洋

UHF帯RFID応用システム。パッシブタイプRFタグを用し、安定して11mの長距離通信と検出精度100%を確立した。汎用性が高く、駐車場管理や訪問経路監視(簡易Nシテム)への応用も可能。

○<優秀賞>シンプルキーかんたん便利な生体認証/フロントフューチャー/矢島敬之

ユーザー視点に立ち、利便性とセキュリティの最適化を計った、その名の通り「シンプル」な生体認証システムのコンセプトをご紹介します。

○<フジサンケイビジネスアイ賞>アクティブ型RFタグを用いた「ゲート」が不要な連れ去り・はいかい・離院検知システム/マトリックス/安田 豊

当システムはプライバシーを守りつつ医療機関に従事する方の業務を妨げず利用できる。アクティブ型RFタグは身体に影響のない微弱電波を必要な場所でのみ発信する。この技術を用いて開発したシステムを紹介する。


■特集2:ダイレクトマーキングの最新技術と使い方
○ドットインパクト方式によるダイレクトマーキング装置と実施例/ベクトル/工藤哲哉

品質に対するユーザの関心が高まる中、確実なトレーサビリティシステム構築のために必要な2次元コードを製品にダイレクトにマーキングできるドットインパクト式ダイレクトマーキング装置の方式とその実施例を紹介する。

○高解像度インクジェットプリンタによるマーキングソリューション/紀州技研工業/森本 一

産業用インクジェットプリンタ(IJP)を長年に渡り、開発~製造~販売を一貫して手がけてきた経験から、各種IJP方式とその特徴、弊社お客様における事例などを紹介する。また、高解像度IJP製品についても述べる。


■Auto-ID Solution
○位置情報サービスのご紹介と導入事例/京セラコミュニケーションシステム

KCCSが提供するGPSを用いた位置情報サービス「SAVEPLATFORM」は、さまざまな場面での有効利用が考えられ今後そのニーズは高まっていく一方である。


■話題の追跡
○著作物の個体識別にRFIDと電子透かしを使用した複写利用管理/日立製作所/西井 等/日立システム九州/山口仁史

著作物の複写利用管理システムのご紹介。著作物の個体識別にRFIDと電子透かしを利用。著作物の印刷品質に影響を与えず、複写物の著作権管理にも対応できる方法が特長。

○欧米医療情報システム実態調査団報告/サトー/白石裕雄

07年8月29日~9月9日まで欧米医療情報システム実態調査団に参加した。医薬品・医療材料に表示されるバーコードの利活用について、欧米の状況と今後、グローバルの動きと国内表示の連動について調査を行った。

○経営の観点から見たリスクマネジメント/COSY/森川祐輔

経営ルールのグローバル化が進み、日本的馴れ合い経営が立ち行かなくなってきている。このような旧体制の企業は大きなリスクを抱える事になってきている。本稿はリスクマネジメントの観点から日本的経営について考察を行った。


■プロダクトA
○医療・医薬品向けRSS(GS1DataBar)シンボル検証機2/ムナゾウ/宗像恒憲
○販売管理パッケージ連動ソリューション/日本システックス/須藤 学
○アルミニウムインレットのご紹介/オムロン/四ツ井元記

■連載
○“ICT”が変える電子自治体と地域コミュニティ第4回/妙典企画 コミュニティコンサルタント/波形昭彦
○バイオメトリック技術の国際標準化ISO/IEC JTC1/SC37活動の最前線 第8回/SC27 WG5幹事/山田朝彦(東芝ソリューション)
○バイオメトリック技術利用のアクセシビリテイーの探求/宇都宮康夫
○究極のセキュリティ:データベースの暗号化 指針と具体案 第11回/オークヒル・テクノロジー/小坂暢幸

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP