日工の技術雑誌

建築設備と配管工事 2008年1月号 PDF版
商品コード:

建築設備と配管工事 2008年1月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集1:収蔵における設備
○収蔵設備及び施設その設計/前川建築設計事務所/濱 興治
○文化財の収蔵のための環境/国立文化財機構 東京文化財研究所/石武志

文化財は様々な要因で劣化する。劣化の要因としては、文化財のまわりの温湿度、空気中の汚染ガス、光、カビや虫などがある。文化財を収蔵する保存環境を良好に保つためには、温湿度、空気環境、照度等に関して十分に注意して環境管理を行うことが必要である。

○国立新美術館/日本設計/佐々木真人・桂木宏昌・引地 順

 国立新美術館は、収蔵品を持たない新しいかたちの美術館であり、ガラスのカーテンウォールにつつまれたエントランスホールや1つが、2000m2の無柱空間からなる大規模展示室を有する魅力ある施設づくりを目指して計画された。

○九州国立博物館の収蔵庫システムについて/菊竹清訓建築設計事務所/松里征男/久米設計/増田哲男

九州国立博物館は、明解に機能を分けた3層構成とし、主要な博物館機能を免震装置の上に入れ子状に配した建築システムと、収蔵庫の恒温恒湿環境を実現する様々な工夫を凝らした設備システムを組み合わせ、最適な保存環境を実現した。

○岡山県立図書館/安井建築設計事務所/小林陽一

岡山県立図書館は人と環境にやさしい図書館をコンセプトとし、省エネルギー対策を積極的に導入した。閉架書庫の屋根外壁の2重化、熱回収空冷チラーによる貴重書庫の恒温恒湿空調、開架閲覧室の置換空調など収蔵環境の維持と省エネルギーの両立を目指している。

○島根県立古代出雲歴史博物館/槙総合計画事務所/近藤良樹/総合設備計画/若松 宏

今年3月に開館した本博物館は、国宝である358本の銅剣や銅鐸など、特色ある島根の歴史と文化の遺宝を収蔵展示している。本編では、これらを保管する収蔵庫について、その概要を事例として報告する。

○福井県立図書館・文書館(地熱利用)/槙総合計画事務所/近藤良樹/総合設備計画/鎌田俊仁/福井県雪対策・建設技術研究所/宮本重信・金森英二

建築の中空基礎杭に水を貯め、地中熱利用をした空調システム及び融雪を行った。杭の漏水対策や夏冬の運転計測結果の分析を行った。


■特集2:最近の病院設備2
○近江八幡市立総合医療センター/内藤建築事務所/東條和彦/大林組/木村公則

PFI事業として建設された近江八幡市立総合医療センターにおいて、複数のエネルギー源の採用を基本とし、環境負荷の低減や省エネルギー性、災害時における病院の基本機能の保持を考慮して計画した設備システム・手法等を紹介する。

○名古屋セントラル病院/東海旅客鉄道/相川裕行/ジェイアール東海コンサルタンツ/太田達也/山下設計/山 正・菊池 尚

環境面等を考慮し、空気熱源アンモニア式氷蓄熱ユニットを採用。エネルギーの多重化、エネルギーの有効活用の観点等から、コージェネレーション設備及び燃料電池を導入。

○久留米大学医療センター/日建設計/田中宏昌

設備機器のメンテナンスと更新のし易さは、「病院経営の効率化」と「進化する医療」を支える上で、非常に重要な要素である。本稿では、久留米大学医療センターのISSを中心としたメンテナンス・更新性に配慮した設備計画を紹介する。


■最新技術情報
○セントラル方式の住戸内全館空調システム/東急建設/中村 聡

高気密高断熱の集合住宅に適した住戸セントラル空調システム「涼暖季候」について、実測結果と合わせて紹介する。省エネルギーと快適性の両立、間取り変更に伴う設備的な変更を必要とせず、建物の長寿命化にも対応した循環型社会にふさわしいシステムである。

○空調換気用段ボール製ダクト/栗本鐵工所/松尾秀信/大成建設/生田目泰/レンゴー/川上 仁
○超高層マンション排水管洗浄サービス/フジクス/大津芳永
○物理的水処理・静電界式水処理装置/日本フロー・コントロールズ/小林二三雄
○5.5L洗浄を実現したタンクレストイレ/TOTO/中村健一

■省エネルギー
○添加物による管摩擦抵抗の低減/東京理科大学/川口靖夫/周南地域地場産業振興センター/徳原慶二/藤原環境科学研究所/藤原陽三/産業技術総合研究所/武内 洋

建物空調用水循環系の省エネルギーを計るために、循環水に抵抗低減添加剤を加える方法がある。添加剤はヘアリンスに類似の界面活性剤であり、これが管摩擦を効果的に低減する。技術の概略と国内外の実施例、また最近行われた札幌市役所本庁舎での実証研究を紹介する。


■連載
○地震対策、振れ止め施工の必要性 1/日栄インテック〔試験・監修〕工学院大学/宮澤健二/宇都宮大学/入江康隆

■免震・耐震・制振
○天井耐震補強システム/東急建設/中本 康

在来工法による天井鋼製下地に補強部材を取付けることで天井に耐震性能を付与でき、新築はもとより、条件が許せば既存施設の天井耐震改修に適用が可能な補強システムの概要と振動台により動的に性能を検証した実験内容の紹介。


■シリーズ:女性の視点からのトイレ
○31 賃貸マンションのトイレなどの水まわりで思うこと/サンシティ/林 由美

■Le petit pouce:ペットと暮らす44
○Dog Sling(ドッグスリング)/畑建築デザイン/畑 由起子

■News & Products

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP