ターボポンプ 新改訂版


ターボポンプ

 本改訂版では、本書が既に15 年間に亘って使われてきた実績を重んじて、大幅改訂とはせず、作動原理や機構を出来るだけ平易に解説するという初版の方針を守りながら、最新の情報(とくに発展が目覚しい数値流体力学分野)や役立つ情報を含めて内容に変化を持たせ、必要な個所の改定にとどめることとした。本書が、ターボポンプの研究・開発、設計あるいは計画、運転、保守などに関係する技術者やターボポンプを勉学しようとする学生にとり、よき教科書として、また技術書として利用して頂けるものと確信している。


判型:B5判 200頁
定価:税込 3,675円(本体 3,500円)
ターボ機械協会編


ターボポンプ 新改訂版  目次

第1章 ポンプの分類と形式選定
  用語の定義/ポンプの形式と特性/ターボ形ポンプの形式選定/ポンプの構成要素/ターボ形ポンプの試験方法

第2章 ターボポンプの理論
  遠心ポンプの理論揚程/細流ポンプのヘッド/出口案内装置/相似則と無次元数/水力損失の予測/ポンプの効率/性能換算

第3章 内部流れと非設計点性能
  内部流れ(設計点近傍の流れ)/低流量域における内部流れとポンプ特性

第4章 CFD技術とその応用
  ポンプ内部流れの特徴と数値解析手法の概要/三次元乱流解析/混相流の解析/非定常流れの解析/解析結果の評価手法/CFDを利用した設計最適化/CFD利用上の一般的注意事項

第5章 不釣合い流体力とその対策
  軸スラスト(軸方向力)/半径方向スラスト(半径方向推力、心向きスラスト) /変動流体力/軸受

第6章 キャビテーションとその対策
  キャビテーションとNPSH/キャビテーションとポンプ性能/キャビテーションの初生/キャビテーションの相似則/キャビテーションの防止対策/キャビテーションによる損傷

第7章 不安定現象とその対策
  ターボポンプの不安定現象とその対策/ポンプ−配傍系の不安定現象

第8章 運転上の諸問題
  複数台ポンプの運転/気液・固液・高粘度液による特性曲線の変化/振動・騒音とその対策/汲込水槽と渦/運転上の留意事項

第9章 省エネルギー技術
  羽根車の外径加工による対策/軸流・斜流ポンプの可動羽根化/回転数制御による対策/ポンプ台数分割による対策/圧力空気槽を使った送水設備/送水管抵抗の軽減による対策

第10章 保守管理技術
  腐食/磨耗およびエロージョン/故障診断技術/信頼性解析/軸封装置/新素材の適用

第11章 最近のトピックス
  ポンプ機場の高速化/ポンプゲート式小規模排水機場/排水ポンプ車

このウィンドウを閉じる