メーカ就職希望の理工系学生のために
商品開発の流れと設計のポイント-

メーカ就職希望の理工系学生のために  商品開発の流れと設計のポイント


商品開発業務を希望する理工系学生、あるいは入社2〜3年未満の新人技術者に向け、「入社前に知っておいて欲しいこと」を抽象論や精神論でなく著者の経験による具体的な技術事例により、専門的ならないように説明します。最初は内容が理解できなくても心配せず軽く読み流し、いつの日か読者が本当にメーカーの設計者となり、仕事の進め方や技術上の課題に行き詰った時に、その読み流した一節が解決の糸口となる一冊です。


A5判 180頁 定価1,575円

※この本は立ち読みが可能です。表紙画像をクリックして下さい。

メーカ就職希望の理工系学生のために
商品開発の流れと設計のポイント-  目次

はじめに

第1章 メーカ(製造業者)とは 
  1.1 メーカとユーザ
  1.2 エンドユーザ 

第2章 もの作りに携わる組織とその役割
  2.1 もの作りの流れの概要
   (1) 営業
   (2) 商品企画
   (3) 商品開発
   (4) 製造
   (5) プロダクトマネージャ
   (6) ラインとスタッフ
  2.2 商品開発業務の流れ
   (1) 商品設計者の種類と役割
    [1] システム設計者
    [2] ハード設計者
    [3] ソフト設計者
    [4] メカ設計者
   (2) 設計業務の進め方
   (3) 開発マネージャ
2.3 製造部門との関わり
   (1) 製造技術部門
   (2) 購買部門
   (3) 品質保証部門
   (4) 製造部門
   (5) 商品技術部門
   (6) 工務部門
2.4 営業部門との関わり
   (1) 営業部門
   (2) セールスエンジニア
   (3) システムエンジニア
   (4) 販売支援部門
2.5 技術スタッフ部門との関わり
   (1) 技術標準化
   (2) 特許
   (3) 意匠登録

第3章 設計のポイント
  3.1ハード設計のポイント
   (1) 電気設計
    [1] 耐ノイズ設計
    [2] 温度設計
     1) 温度の絶対最大定格を超えない設計
     2) 寿命に対する設計
     3) 温度特性に対する設計
    [3] 電断シーケンス
   (2) 環境設計
    [1] ISO14000
    [2] RoHS対応
    [3] 廃棄対応
   (3) 品質設計
    [1] ISO9000
    [2] σ判定
   (4) 安全設計
    [1] 安全規格設計
    [2] フェイルセーフ
    [3] 製造物設計
     1) 注意喚起
     2) フールプルーフ設計
     3) PL保険
  3.2 ソフト設計のポイント
   (1) ソフト設計とは
   (2) ソフト設計のポイント
  3.3 メカ設計のポイント
   (1) 耐振動衝撃設計
   (2) 機構設計

第4章 コンプライアンスと倫理感
  4.1 輸出管理
  4.2 情報セキュリティ
  4.3 技術者の倫理感

第5章 グローバルに活躍する技術者
  5.1 技術力と語学力
  5.2 プレゼンテーション力
  5.3 異文化適応力
  5.4 グローバル競争
おわりに

付録 
  付録1 就職面接のポイント
   1−1エンジニアリング関係の仕事を希望します。
   1−2営業はどうですか?
   1−3希望は研究か開発です。
   1−4希望する部署・担当分野に配属できますか。
   1−5研究テーマの内容を? 簡単に説明して下さい。
  付録2 設計例
   2−1半導体に搭載する放熱器の設計例
   2−2電解コンデンサの寿命の設計例

コラム
開発しない開発
ストレス耐性 
商品の付加価値 
製造部門の付加価値
営業部門の付加価値
MTBFが500日って、寿命が500日?
パソコンとソフト設計 

 


このウィンドウを閉じる