RFID入門テキスト 詳細

RFID入門テキスト

朝、家を出た時からお世話になるSUICA、PASMO、TOICA、PiTaPa、ICOCAなどの乗車カード。あるいは、会社への出退勤の際に使うIDカード、電子マネーなど、RFID技術は身近になっています。
RFIDの本質や特性、技術の現状、アプリケーション、及び標準化の動向などについて、正しく理解し、本質的な価値を理解するための入門テキストです。


月刊自動認識 編集部
監修 大塚 裕(オムロン株式会社)

B5判 52頁 500円(税込)


■「月刊自動認識」特別編集冊子 RFID入門テキスト 目次

■はじめに

■ RFIDの定義と分類

○RFIDの定義
○RFタグの分類

■ RFIDの歴史を知る

○RFIDのルーツ
○FA分野でのRFID採用
○RFIDの拡がリ
○さらに注目されるRFID

■ RFIDの特徴を知る

○非接触でRFタグの情報の読み出し&書込みができる
○RFタグには豊富な情報が格納できる
○見えなくても交信できる
○複数個のRFタグ情報を一括アクセスできる

■ RFIDの本質を知る

○電磁結合方式
○電磁誘導方式
○マイクロ波方式(電波方式)
○UHF方式(電波方式)
○光方式

■ RFID選定時の留意点

○電磁結合方式
  (周波数400〜 530kHz帯)の場合
○電磁誘導方式
  (周波数125〜135kHz帯)の場合
○電磁誘導方式
  (周波数13.56MHz帯)の場合
○マイクロ波方式
  (周波数2.45GHz帯)の場合
○電波(UHF)方式(1)
  (周波数952〜954MHz帯の場合)
○電波(UHF)方式(2)
  (周波数433MHz帯(300MHz帯)の場合)
○光方式の場合

■RFIDに対する誤解を解く

○RFIDは万能ではない
○RFIDを使うことを目的にしてはならない
○RFIDとバーコードシンボルは敵ではない
○RFIDの交信距離を正しく理解する

■ RFIDとネットワーク管理について

■ RFIDの価値について

■ RFIDの最新動向

○ISO/IECにおけるRFIDの標準化
○ISOにおけるSCM関連RFIDの標準化
○半導体(SEMI)における標準化例
○RFIDと電波法
○国際物流におけるRFIDシステムと電波法

■ RFIDの活用例

○製造業における活用業界と活用シーン例
○製造業におけるRFIDの導入目的例
○各業界での活用例
○トレーサビリティ
○EPCglobal
○ユビキタスIDセンター

このウィンドウを閉じる