建築設備と配管工事 2008年8月増刊号

建物の長寿命化と設備機器資材の耐用年数

建物の長寿命化と設備機器資材の耐用年数

近年、地球環境問題が大きく取り上げられ、建築物もスクラップアンドビルトの建替から、環境に配慮したリフォーム・リニューアル等が主流を占めるようになって来ています。建築物は60年持つといわれ、また100年を超える長寿命の建築物もありますが、設備は、経年による機材の劣化や設備の陳腐化、又ニーズの変化等があり、10年〜30年前後で更新するのが一般的です。しかし、設備機器・システムごとに違いがあり、適切な修繕計画のためには各々の耐用年数を理解しておくことが必要とされます。また運用時間、条件、メンテナンス等により耐用年数も変わり、様々な条件下での設備の耐用年数を判断する事も必要とされます。

そこで、本増刊号では、建築設備機器ごとの耐用年数やその正しいメンテナンス等を解説し、修繕・更新計画作成の際の参考となる事を目指しています。

B5版 本文120ページ 定価2500円

建築設備と配管工事 2008年8月増刊号


建物の長寿命化と設備機器資材の耐用年数  目次

○建築・設備システム、機器の耐用性/東京工業大学/田中 毅弘
○ポンプのメンテナンスと耐用年数/(株)荏原製作所/角沢 英之
画像あり各種金属配管の保全/NPO法人建築設備配管防食研究会/森田晃康
○建築空調・衛生(給排水)設備用汎用手動バルブの耐用年数/東洋バルヴ(株)/小岩井 隆
○各種保温材料/日本保温保冷工業協会/立見堯夫
○ターボ冷凍機の耐用年数/日立アプライアンス(株)/中村康志
○吸収冷温水機の適切な保守保全/矢崎総業(株)/稲垣那加博
○エアハンドリングユニットの耐用年数/新晃工業(株)/田中 恒有
○加湿器の能力を維持し長くご使用いただくために/ウエットマスター(株)/星野 芳昭
○回転型全熱交換器/(株)西部技研/中山文男
○自動制御設備における保全管理/(株)山武/森 達也
○ダクトの耐用年数/(株)栗本鐵工所/松尾秀信
○ガス給湯機器の耐用年数と点検について/(社)日本ガス石油機器工業会/福澤 清
○長寿命の鋼板製一体型水槽/(株)エヌ・ワイ・ケイ/土生津 覚・橋本 進・庄山武志
○FRP製水槽の耐用年数と維持管理/三菱樹脂(株)/鈴木 将大
○ステンレス鋼板製水槽の維持管理/三菱樹脂(株)/金山 整
○木槽の耐用年数/日本木槽木管(株)/木村 素
○塩化ビニル管の長期耐久性について/塩化ビニル管・継手協会/日向 宣雄
○ポリブテン管/ポリブテンパイプ工業会/藤藁 貴夫
○給水給湯用架橋ポリエチレン管/架橋ポリエチレン管工業会/坂戸 二郎/古河電気工業(株)/小澤 英史
○建築設備の長寿命化に役立つ銅管/(社)日本銅センター/斎藤 晴夫
○空調設備の振動監視による予知保全/特許機器(株)/塚田 泰也

 

このウィンドウを閉じる